結婚指輪のデザイン

結婚指輪婚約指輪に比べてシンプルなデザインで作り日常からつけて過ごすことの多い結婚指輪は、そのシンプルさゆえに自分たちの好みのデザインを作ったりこだわりを表現することに頭を悩ませる人が少なくありません。素材も金やプラチナが一般的とされるため、デザインで個性をあらわすために職人のさまざまな注ぎ込まれています。

主となるデザインはストレート、ウェーブ、V字やU字、幅広タイプ、エタニティーの5種類です。ストレートタイプは男性からも人気が高く、シンプルなため婚約指輪との重ね付けもしやすいため男女問わず人気です。ウェーブはストレートに比べ曲線が華奢な印象を作りやすく女性に人気のデザインです。V字やU字はそのデザインから指が太めと悩む人もすらりと綺麗に見せることができます。幅が広いタイプのデザインは男性からの支持が高く、エタニティーと呼ばれるデザインはダイヤが全面にあしらわれたゴージャスなデザインです。

ストレート
形状がすっきりとしていてスタンダードな形です。

ウェーブ
波のようにひねりがあるタイプ。曲線による優しい印象が象徴です。

V字
Vの字の形状。指をすっきりと長く見せる効果があります。

結婚指輪はペアで存在するリングになりますが、必ずしもデザインまで全く同じにしなければならないというわけではありません。男性と女性では好みのデザインは少なからず異なることがあるため、毎日の生活でも気に入ってつけられるように最初のデザインの話し合いの段階でしっかりと理想を決めておくことが大切です。