婚約指輪と結婚指輪

プロポーズに渡す指輪には、結婚指輪と婚約指輪の二つがあります。この二つはそれぞれ渡すタイミングなどが異なります。初めてのプロポーズで用意する人はこの二つの明確な違いなどもいまいちぴんとこないことでしょう。

プロポーズまず、婚約指輪ですがエンゲージリングとも呼ばれ、これは婚約を交わした二人の間で、主にプロポーズのタイミングで贈るもので、一般的に男性から女性に向けて、結婚の約束を取り付けるという意味合いを持っています。これから家庭を築く、一生涯のパートナーとしての申し込みという意味合いを持つため、ダイヤモンドなどを用いてデザインにも細部までこだわったものが多く、パーティーや式典の雰囲気にもぴったりなほど華やかなものになります。

それに対し結婚指輪はマリッジリングと呼ばれ、結婚式の際に二人が交換するときに使うペアリングのことを指します。婚約指輪に比べ家近指輪は普段から指につけて生活することが多いため、ダイヤモンドなどは使用せず、金やプラチナなどを使用したシンプルなものが一般的です。婚約指輪が結婚の申し込みという意味合いを持つのに比べ、結婚指輪は自分が結婚している、愛している人がいるということを周囲に伝える手段としても使われます。

指輪をはめるとき