指輪をはめるとき

指輪それぞれ意味合いが異なる婚約指輪と結婚指輪ですが、渡される時期が異なるだけではなく、詳しく見るとそのつける期間も若干異なります。

プロポーズの際に贈られた婚約指輪をつける際は結婚式まで左手の薬指につけ、結婚式当日に右手の薬指に移して、指輪の交換の際に手元に来る結婚指輪を婚約指輪がついていた左手の薬指にはめ、式が終わったら結婚指輪をはめた左手薬指の上に右手の薬指から婚約指輪を移すというものが一般的です。このとき、結婚指輪が体側に、婚約指輪が指先側になるようにして重ね付けをすることで、永遠の愛の証として婚約指輪で鍵をかけるという意味も込められているとされます。丸い円を模したリングに永遠や輪廻を重ね、ふたりの愛が永遠に続くようにと願いをかけたうえで、重ね付けをする順番でもこうした意識を強くするのです。

以前はダイヤモンドなどをあしらった婚約指輪は普段からつけるものではなく特別な時につけるもの、というイメージが日本の中では広く考えられていました。しかし、海外では婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけることも多く、現代になって海外で広く知られているその習慣が日本でも広がりを見せたためか、最近では婚約指輪もシンプルなデザインのもので作り、重ね付けすることも多く見られます。

結婚指輪のデザイン